社員インタビュー【顧客サービス部 iSTAFF24 Gr.:菅原主任】

スタッフブログ

2021.09.09

こんにちは。広報担当の中村です。
今回は社員インタビュー第3弾!顧客サービス部iSTAFF24 Gr.主任の菅原さんにお話を伺いました!

Q.現在の仕事内容を教えてください

サーバ構築や更新、ネットワーク構築、サーバリソース監視などサーバ運用保守全般をやっていますね。
実際に手を動かして構築などすることもありますし、お客様先に訪問してお困りごとを聞いたり、ソリューションを提案したりもしています。
特にお客様先とのコミュニケーションは大事にしていて、「何か困ったことがあればまずは菅原さんに相談しなきゃ」と思ってもらえるように、
頻繁に連絡を取るように心がけています。
学生時代にテレアポのアルバイトをしていて、成績1位でリーダーにもなっていたんですよ。
その経験がお客様とのコミュニケーションに役立ってますね。

Q.入社前と今とで仕事に関する意識や考え方はどのように変わりましたか?

入社前は「社会人って毎日毎日同じことの繰り返しの作業をして、たまにミスして怒られて…」みたいな生活かなと思っていました。
でも、入社してみたら「こんなに自由にさせてくれるんだ!」というのが衝撃でした。
もちろん部署によるんでしょうけど、僕がいる部署は自分がやりたいと思ったことを割とやらせてもらえるので、
自分のスキルがあればどこまでも行けるんだなと感じています。

僕はこう見えてとても慎重な性格なので、まだそんなに怒られたことはありません。
そろそろ何かやらかすかもしれませんが(笑)
でも、マンガやドラマみたいに頭ごなしに怒る人はこの会社にはいなかったですね。

Q.仕事の難しさ・大変さを感じるのはどんなときですか?

ネットワーク構築の際に多いのですが、想定通りに構築できないのが難しいところですかね。
事前調査不足だったり、そもそもの設計がうまくいかなかったりすることが原因なんですけど、それを見つけるのが大変で…。
今こういったことを減らすために、部内で知識やノウハウの共有を強化しているところです。

Q.仕事の楽しさ・やりがいを感じるのはどんなときですか?

逆に構築がうまくいったときは楽しいですね。
ネットワークを構築するには、どんなIT機器がどこにあって、どう繋がっているのかを理解するのが肝なんですが、
それを全部理解して思い通りのことができたときは達成感があります。

Q.アイクラフトの好きなところを教えてください

自由にやりたいことがやれて、やりたい勉強もできるところですね。
働き方も選べますし、時間も作れます。
僕は裁量労働制をとっていて、自分でスケジュール管理できるのは働きやすいと思っています。

Q.今後取得したいスキルや資格はありますか?

資格ですか…。資格を取得するにはいろいろ実務にはあまり関係ないことも覚えないといけないんで、苦手なんですよね(笑)
でも、CCNA取得に向けて勉強しています。LPIC、ネットワークスペシャリストなどもあれば良いかなと思っています。

これからやってみたい仕事ならいくつかあります。
今は中小規模の設計しかしていないんですけど、大規模のものにも挑戦してみたいですね。
あとは、仮想ネットワーク構築にも興味があるので、機会があればやってみたいです。

Q.ストレス発散方法や最近ハマっている娯楽はありますか?

コロナ禍になる前は一人カラオケによく行っていました。
週1ぐらいで4~5時間歌うのが一番の楽しみだったんですよ。尾崎豊、Mr.Children、Mrs.GREEN APPLEなどをよく歌っていました。
尾崎豊の『I Love You』はかなり自信がありますよ!

今はカラオケできないので、映画鑑賞をよくしています。
休みの日はビールを飲みながら、アクション系、ミュージカル系のアメリカっぽい洋画をよく見ます。ディズニーも好きですね。

Q.今年の新入社員および未来の社員にひと言お願いします!

「怒られるうちが花」ですよ!
叱られるのは嫌だと思いますが、叱るということは興味を持ってくれているということです。
興味を持ってくれている間に、できなかったことをできないままにしないで、弱みを強みにどうやったら変えられるか考えてみてください。
わからないことがあれば勉強もしましょう。みんな最初からはできないし、実は裏でかなり勉強しています。僕もかなり勉強しました。

あくまで僕のやり方ですが「やりたいけどできるかな?」と思うことがあれば「僕、それできますよ!」って周りに言うようにしています。
そうすると不思議とそういった仕事を任せてもらえることになって、焦って猛勉強して最後にはできるようになっています。
ちょっと危なっかしいやり方なんでオススメはしませんが(笑)
でも、自分一人で目標に向かうんじゃなくて、周りを巻き込むのは良い方法かなと思っています。
自分なりのやり方がきっと見つかると思いますので、めげずに進んでみてください!

アイクラフトの採用情報はこちら