アイクラフト ミャンマーで日本向けソフトウェア開発を提供開始
MIT社、V2M社と提携


 アイクラフトは2012年にミャンマー連邦に現地法人を設立し、ミャンマーでの事業ノウハウを蓄積してきました。 このたびMyanmar Information Technology Pte Ltd.(以下MIT社、本社:ミャンマー連邦ヤンゴン市)と Vision to Motion Myanmar Co., Ltd.(以下V2M社、本社:ミャンマー連邦ヤンゴン市)と共同で、日本向けソフトウェアの オフショア開発サービスを提供開始します。

 MIT社は豊富なIT技術者の中から日本市場にマッチするIT技術者を提供、V2M社は社長が日本で培ったノウハウを活かし プロジェクト管理を行います。アイクラフトは日本国内の営業を担当するほか、日本人のブリッジSEをミャンマーに派遣し、 ソフトウェア品質の向上を図ります。また、ミャンマー人IT技術者の教育、研修を行うことにも取り組みます。 3社は近い将来に合弁会社を設立することを視野に入れ、提携関係を深めていくことに合意しました。

 なお、この提携は昨年11月に行われた神戸経済同友会のミャンマー視察がきっかけとなっており、 その後もアイクラフト株式会社の山本社長がミャンマーを訪問し、合意に至りました。

【Myanmar Information Technology Pte Ltd.】
 MIT社は1997年に設立したミャンマー大手のICT企業であり、現在約400名のIT技術者を抱えております。 これまでミャンマー国内の大手企業を中心にソフトウエア開発を行ってきました。特に金融システムにおいては、 ミャンマー国内の銀行のATMシステム、ネットワークシステム、モバイルバンキングシステムなどを手掛けおります。 さらに同社は国際規格であるISO 9001:2008を取得しております。また、Microsoft社、Oracle社、 SAP社とのパートナーシップを結ぶなど、国際的な競争力が非常に高く、これまでのノウハウと技術力を オフショア開発に活かしていく予定です。

Myanmar Information Technology Pte Ltd.
http://www.mit.com.mm/

【Vision to Motion Myanmar Co., Ltd.】
 V2M社は2010年にコンサルティング、ICTソリューションを主事業として設立しました。 創業者は日本の大手IT企業で十数年の経験があり、日本のシステム開発・管理手法を用いて、ミャンマーの中小企業向けの 開発を手掛けてきました。日本のシステム開発に関するノウハウをMyanmar Information Technology社に請われ、 2016年から日本向けオフショア開発に関するビジネス構築の準備を行っています。

Vision to Motion Myanmar Co.,Ltd.
http://www.v2m.jp/

【アイクラフト株式会社について】
アイクラフトは、ITソリューションと国際支援サービスをお客様に届ける会社です。 ITインフラ構築・24時間365日の保守、お客様と共にプロデュースしていくシステム開発、駆けつけITサポート、 ベトナム・ミャンマー・モンゴルへの企業進出支援と当地でのITサポートを行っています。



<このプレスリリースに関するお問い合わせ先>
アイクラフト株式会社 総務部
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町83番地 三宮センチュリービル13F
TEL:078-391-2900 FAX:078-391-2901
※プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


プレスリリース一覧に戻る