ルワンダの大学とITエンジニア教育のためのWorking Partnershipの覚書を交わしました

◆覚書を締結

2019年5月、アイクラフト株式会社(神戸市中央区)は、ルワンダの大学IPRC-Tumba:RWANDA INTEGRATED POLYTECHNIC REGIONAL COLLEGE OF TUMBA(トゥンバ、ルワンダ共和国)*と覚書を締結しました。
IPRC-Tumba北部県ルリンド郡の街トゥンバの工科大学。ハンズオンの技術者育成やアントレプレナーシップの意識づけに取り組んでいる大学。

この覚書は、アイクラフトとIPRC-TUMBAの2つの機関で行われるリモートトレーニング、リサーチコンサルティング、ITサービスの提供とイノベーションの確立活動や、社員と学生との交流、訪問や交換プログラムなどを行うことを目的として交わされ、これにより両者はITエンジニア教育に於いて、今後以下のような役割を果たすこととなりました。

◆アイクラフトとIPRC-TUMBAの役割

・IPRC-TUMBAは、エンジニアを送り出すための教育とキャパシティビルディング(能力構築)を行う。
・アイクラフト株式会社は、グローバルなITサービスの提供とハンズオンの技術トレーニングを行う。
・Working partnership:目的達成のためにお互いにサポートをし合う。
・IT技術を用いた高品質なサービスの提供、トレーニング、研究を目的とし、ICTをツールとした地域への働きかけ。
・必要とされる資源の共有。
・様々な変化やニーズへの対応。

また、アイクラフトは今後、IPRC-Tumbaと連携しながら、主に以下のITエンジニアの教育に取り組んで参ります。

◆取り組み内容

[インターンシッププログラムの提供]アイクラフトは海外またはリモートでインターンシッププログラムを提供する。
[オープンソースコミュニティの設立]IPRC-TUMBAはLibreOffice Communityを設立し、両者でLibreOffice Conferencesへ参加し、オープンソースのコミュニティを作っていく。
[ブロックチェーン共同研究]ブロックチェーン技術に関する共同研究を行う。アイクラフトはIPRCーTumbaの学生やスタッフのトレーニングをサポートする。
[学生のプロジェクトの監督]2つの機関は、IPRC-TUMBAの学生が最終年度に取り組むプロジェクトの監督をつとめ成功させる。
[スタッフの交流]社員・学生の交流を推進する。
[合同リサーチ・プロジェクト]外部からの資金調達も視野に入れながら、共同プレゼンテーションやワークショップ等に参加・開催し、出版物を作成する。