2018年9月11日(火曜日)

勉強の環境

カテゴリー: - hirahara @ 14時23分04秒

東京支店平原です。

自分のブログ記事が続きますね・・・。

とまあ、それは置いておきまして。

ITエンジニアたるもの日々勉強していると思いますが、
皆様はどのような環境で勉強をしていますか?

 ・1人で黙々とテキストや画面とニラみっこしながらですか?
 ・勉強会に参加してですか?
 ・ベンダーのセミナーやハンズオンに参加する

答えは個人で違うと思いますが、個人的におススメなのは外部の
勉強会などに参加することです。

何故外部なのか?ですが、

 ・1人でやってると甘えが出る可能性があるから
 ・周りに人がいることで刺激になる
 ・色んな人の意見やアドバイスが聞ける(かも)
 ・適度な雑音があると人間は集中できるから

と個人的には思っております。
僕は、1人で黙々とやってるのが苦手で、カフェに行ったり
外部の会に参加してなどでやっと集中できるのです。
これはこれで、改めないといけないのですが・・・

外部の勉強会(無料がメイン)については、以下サイトでいつも探しております。
意外と重宝しますので、良ければ参考にしてみて下さい。
ベンダーのセミナーでも良いのですが、日程が合わないなど困ることもあるんですよね。

勉強会であれば、色んな会が沢山開催されていますし、都合のよいのが見つかりやすいと
思います。

地域ごと、日にちごと、テーマごとなど細かい条件で検索することが可能です。
TECH PLAY

connpass
ここだけの話ですが、勉強会の後にちょっとした懇親会もある会も多く、
他人との交流も深まりますし、自社の名前を売ることも出来るので
おススメです。

2018年9月3日(月曜日)

お金の教養講座に参加

カテゴリー: - hirahara @ 10時12分23秒

東京支店の平原です。

先日、ファイナンシャルアカデミーさんで、「お金の教養講座」というものを
受講して参りました。
最初の講習は1.5H、4Hのどちらかを選択出来てしかも無料という太っ腹。
まあ、無料にはわけがありまして、講習の最後には本受講を勧めてくる内容にはなっています。
(勿論本受講は断っても全然OK)

講習内容は大きく分けて4つ
・お金の教養を学ぶ
・株式の概要を学ぶ
・FXの概要を学ぶ
・不動産の概要を学ぶ
と以外と盛りだくさん。
自分は正直全部知ってるだろうと思って受講に臨んだのですが、知らないことも多くて本当に勉強に
なりました。
お金の教養を学ぶということはこれからの時代を生きるにあたってとても大事なことです。
色々な学びがありましたが、結論をまとめると

・お金の知識は日々勉強して、お金に対する不安を消す
・知識を蓄えて(蓄えながら)実践せよ
・ルールは自分の出来る範囲で厳密に守る

お金は現代では切っても切り離せないものですから、お金に対する勉強は誰でもやるべきと
強調していたのが印象的でした。

お金に対する不安を消せば、豊かな人生が待っているものだと感じました。

個人的にはもっと深堀したいので、本受講しようかなと心が動きかけてる状態。

無料講座は原則、東京や大阪でしか開催していません。
しかし遠方の方のために有料(1000円)にはなってしまいますがWEB受講も可能ですので、
お金の事もっと知りたい・考えたいって思ってる方は受講してみてはいかがでしょうか。



2018年8月1日(水曜日)

AWSハンズオンセミナーを受けてきました

カテゴリー: - hirahara @ 17時00分19秒

東京支店 平原です。


前回の記事でAWSやAzureなどの技術を習得すると書きましたが、
早速ハンズオンセミナーを受けて参りました。

はじめてのアマゾン ウェブ サービス for Developer

オフィスは目黒にありまして、広々とした空間で有意義なセミナーでございました。
(写真は禁止なので画像でお伝えできないのが残念)
以下の講習内容ですべて無料という太っ腹なAmazonさんは素敵ですね。

事前にAWSの契約(クレジットカード登録すれば無料で誰でも契約できる)が必要で
操作するためのPCを持参しなければいけません。

ハンズオンセミナーは最初の40分程度は座学で、AWSのサービスの概要説明がありました。
その後1時間は実機(AWS)を使ったハンズオンで、専門のSEがサポートしながらサーバーを
構築したり、起動したり、OSインストールなど実践さながらの内容で大満足でした。
質問もし放題。

今回の講習で学んだことは
・AWS(に限らずクラウドサービス全般)を使えば、インフラの初期費用は大幅に抑えられる
・AWSの利用料金には基本的な監視や管理の料金も含まれている。
(AWSの料金が高いと仰る方は、監視や管理代を考慮してないことが多く、含まれていることを鑑みると意外とお手頃)
・インフラ調達スピードが段違いで、開発チームにインフラを引き渡す時間が大幅に短縮できる
・AWSの色んなサービスを組み合わせて使うことで更なるコストダウンが実現できる
・使った分(ストレージ容量や転送量など)払えば良い

大まかにはこのぐらいですが、今後利用するには大きなメリットがあると非常に感じました。
特に、初期費用が抑えられるので、小規模向けシステム構築などはAWSで立ち上げれば、ユーザー側
へ大きなメリットを共有できる可能性が出てきますし。

今回のハンズオンセミナーが大満足だったので、AWSの別のサービスのセミナーも即時申込みました。
今後社内にも情報共有していこうと思います。



2018年7月25日(水曜日)

AWSやMicrosoft Azureを習得します

カテゴリー: - hirahara @ 15時53分37秒

東京支店 平原です。

暑いですが、体調崩していませんか。

私ごとですが、今期の目標の1つにクラウドサービスの技術を習得することを掲げております。
クラウドサービスの代表といえば
・AWS(Amazon Web Service)
・Microsoft Azure
がありますが、両方を習得しようかと。

今後、色んな案件が舞い込んだ時に「インフラどうしましょう」となったらクラウドは避けては通れない内容なので。オンプレミスでサーバー等を買っても良いのですが、保守の問題なども出てきますので、習得して損はないと思うのです。


クラウドサービスのメリットとしては沢山ありますが、一部挙げておきます。
・イニシャルコストを抑えることが出来る
・使った分だけの課金(一部除く)でランニングコスト削減も可。
・(ハードウェア調達スピード) < (クラウド環境構築)となっていて、導入スピードが段違い
・データセンターの運用・保守投資の削減(ほぼ0になる)
ビジネスのスピードが求められてる時代にクラウドを考慮しなければ、ライバル会社に負けてしまうことも出てくるでしょう。
弊社内でクラウドに関する技術習得者はまだまだ少ないので、今回挑戦することにしました。

学んだことは何かしらでフィードバック予定。
こうご期待(?)


23 queries. 0.155 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress