2018年7月19日(木曜日)

7月の東京委員会

カテゴリー: - ueda @ 23時15分18秒

東京支店の植田です。

 
今日は東京委員会がありました。
 
東京委員会のメンバーは1回はなにかを発表するのですが、
 
今回はAlexaについてでした。
 
Alexaは話しかけると天気予報を教えてくれたり、Amazonに注文したり、音楽をかけたりと
 
いろいろと面白いアイテムでした。
 
もちろん自分も、寿司やピザ、エロビデオをカートに入れて遊ばせてもらいました(笑
 
今回はAlexaにプログラムを仕込んで、Slackというビジネス用のチャットツールに
 
メッセージを書き込む機能を作ったものを発表しました。
 
話はそれから盛り上がり、受付に置いてお客さんが話しかけるとSlackで教えてくれるって
 
使い方をすると面白いんじゃないかとなりました。
 
実際に作るかどうかは発表者の自主性にお任せしますが、他でやっていないような面白い
 
取り組みができるといいなと思いました。
 
来月は、私が発表します!

2018年7月10日(火曜日)

携帯電話見つかりました!

カテゴリー: - ueda @ 23時47分00秒

東京支店の植田です。

 
梅雨も明けて連日暑い日が継ぐ来ますね。暑がりな私には苦手な季節がやってきました。
 
先日、携帯電話をなくしたのですが昨日警察から電話がかかってきて無事に見つかりました!!
 
無くした次の日に駅に届けられていたようです。
 
自分も次の日に電話して届いていないと聞いていたので時間差があったのかなと思います。
 
1週間ぶりに電話が戻ってきました!
 
しかも、中身は一つも失われていなく、カードの不正利用もありませんでした。
 
普段ジンクスを信じないのですが、落し物は些細な物でも必ず届けるようにしています。
 
今まで何度も財布を落としたことがあったけど全部何も盗まれずに無事に戻ってきているので
 
落し物はちゃんと届けると自分が落とした時にも帰ってくると信じていました。
 
もちろん今回も戻ってくると信じて疑ってなかったのであまり気にしてませんでした。
 
むしろ携帯電話を使わない生活といういつもと違う生活を楽しんでいました。
 
プチ脱デジタルライフが終わりましたが、せっかく電車で読書をするようになったので
 
あまり携帯ばかり見ないで読書に勤しんでみようかと思います。
 


2018年7月5日(木曜日)

ストレスについて

カテゴリー: - sainaa @ 16時03分15秒

ストレス

 

東京支店のサイナです。

 

皆さんストレスというのは何でしょうかご存知ですか?

ストレスは体に悪いですか?もしくはストレスは体にいいですか?皆さんどう思いますか?

 

ストレスについてNHKで放送されたTEDXのストレスについてスピーチはとても興味深い内容でした。

    1 元々ストレスは人間の体に必要なものでした。人類が形成される中で、外敵生物と会ったとき人間の体にストレスが起きることで体が素早く対応し、強くなって脱出することが出来ていました。脱出後、体に起きたストレスがなくなる機能が体に働くようになりました。しかし現在社会では、人間の体にストレスが起きる機能は働くけれどなくす頃があまり機能していないで私たちの体に蓄積し、悪影響を与えています。

 

    2 しかしながらストレスが体に悪影響を与えない方法があります。

    ストレスを体に悪いと思わないこと。ストレスをストレスと思わなければ体は悪い影響を受けない。

    毎日20分から30分軽い運動すること。

    いつもより少し早めに歩くことがストレスを発散します。

    他の人と話すこと。

ストレスについてマインドを変えて体に悪いと思わないことが一番重要です。


業務の効率化を図るための施策

カテゴリー: - hirahara @ 13時35分44秒

東京支店 平原です。
先日弊社の全体朝礼でこんなアイデアが出ました。(自分は出席してないので議事録から追っかけた)


  前から妄想してる制度があって、
  学校の授業みたいに1時間目2時間目3時間目ってしてる会社があって、
  例えば9:00から10:30まで一時間目で休憩して2時間目がお昼までとか。
  休憩時間をいれるといいのかなと思う。
  日本の法律では8時間働くと1時間休憩をあたえなさいという法律があるんだけど
  それをやると何時間休憩するねんとなるので思いあぐねている。
  無理やり学校の授業みたいに10分間休憩を間に入れるといいのかなと思いますがどうでしょうか。

なかなか良いアイデアと思うし、業務の効率化を考えるには必要なことではと感じました。

個人で効率化を考えるか、会社や組織で考えるかは環境に応じて変えれば良いですが、世の中には既に実践されている施策があるのです。

一部ですがご紹介します。


1.ポモドーロテクニック
こちらは25分間の集中と5分の休憩を何度か繰り返して生産性をあげようという方法。
やるタスクを1つ決めて、このルーチンでまわすと効率が上がるというものです。
自分もブログ等を書くときはこの方法を使っていて、結構効率が上がった気がしております。

但し、デメリットもありまして、1つのタスクしか出来ないので、割り込みが入った場合は
その時点で中断もしくは最初からスタートと融通が利かない点もございます。
お客さんから電話をあまり受けないプログラマーとかがこの方法に向いているような気がします。


2.がんばるタイム
これは手法というよりは、下着メーカーのトリンプさんが全社を挙げて実践している方法。
12:30〜14:30の2時間は電話やコピー、立ち話などは一切禁止で自分が抱えているタスクをひたすら集中してこなすという取組なのです。(全員がやるのではなく、一部は電話当番等でカバーはしている様子。)

会社で仕事しているとどうしてもお客様からの電話や他部署からの問い合わせなどで自分のやりたいことが出来なくなるってことが発生してしまいますが、こちらの方法を使えば集中的に取り組める時間が出来るメリットがありますね。


方法は色々ありますし、アイデアを捻れば良いと思いますが、残業などが問題となっている現在は業務の効率化を考える上で会社全体で取り組んでいく必要があると感じました。
効率化が出来れば、自分が働く時間も減るわけで結果的に時間単価は上がることになります。
仕事の時間が減って時間が空けば副業などに割り当てても良いし、悪いことはあまりないんじゃないかなと。

今一度、取り巻いている自分の環境を見つめなおして改善できる点があるかどうかを確認しましょう。



25 queries. 0.126 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress