ブロックチェーンを一言で説明すると?意味と4つの活用事例を紹介

お役立ち情報

2022.10.29

「ブロックチェーンって聞いたことはあるけど、どんな意味なのかわからない」

「一体どんな活用事例があるのだろう」

と考えている方も多いのではないでしょうか?

ブロックチェーン技術を活用したシステムやサービスを企業に導入するためには、技術の概要と具体的な活用事例について、知っておくことが大切です。

この記事では、ブロックチェーンの特徴を一言で表し、4つの活用事例やITサポートを頼むのにおすすめの業者を紹介します。

ブロックチェーンについて詳しく知って、具体的にどのようなシチュエーションで活用されている技術なのかを把握し、活用を検討してみましょう。

ブロックチェーンとは?一言で説明するとこんな意味

ブロックチェーンとは?一言で説明するとこんな意味

ブロックチェーンを一言で説明すると、”前後の取引記録とシームレスに情報を記録して、分散型台帳技術によって、世界中のパソコンで情報を同期・管理できる技術”のことです。

従来の情報管理システムは、中央サーバーが中心となって情報を管理していたので、良くも悪くも特定のサーバーに依存していました。

しかし、ブロックチェーン技術を活用することで、情報が世界中で同期・管理されます。

そのため、もしどこかのサーバーが使えなくなっても、ブロックチェーンにアクセスできる他のパソコン経由でアクセスすることで、世界中のどこからでも情報を確認可能です。

特筆すべきはセキュリティ性の高さ

ブロックチェーン技術の基本は「分散型台帳技術」にあります。

この技術の特徴は、登録したデータを改ざんしたり、削除したりするのが極めて困難な点です。

ブロックチェーンネットワークを通じて、世界中のパソコンに同期された情報を改ざんするためには、その前後の取引情報が記録されたブロックまでさかのぼって、ブロックチェーン全体のデータを改ざんする必要があります。

ものによっては何百万以上という取引情報をさかのぼる必要があるので、他人からデータ改ざんされるリスクが、極めて低い仕組みだといえるでしょう。

ブロックチェーンがどのような変化をもたらすか

ブロックチェーンがどのような変化をもたらすか

ブロックチェーン技術を活用したシステムやサービスを企業の業務や生産活動、商取引に活用することで、以下のような変化をもたらすでしょう。

  • 行政手続きの画一化・効率化の促進
  • 国際間決済・送金の効率化
  • 個人の学歴・所有物の証明
  • 企業内の業務プロセスの体系的な見直し

 

行政や金融、教育など、業種・職種の垣根を越えて、業務・取引の効率化と証明が難しいスキルや所有物の認証に、ブロックチェーン技術が役立つといわれています。

株式会社 矢野経済研究所が発表している『ブロックチェーン活用市場に関する調査(2021年)』によれば、2021年に783億円規模の市場規模であったブロックチェーン活用サービス市場は、2025年までには7,247億6,000万円に達するそうです。

とくにNFTや認証、トレーサビリティの分野において、数年間の間に急速に成長すると見られており、企業での導入が加速していくことが予測されます。

引用:株式会社 矢野経済研究所|『ブロックチェーン活用市場に関する調査(2021年)』

他にブロックチェーンのメリットとデメリットをまとめた記事も掲載しているので参考にしてください。

【関連記事】ブロックチェーンのメリット・デメリットとは?実際の活用事例も紹介

ブロックチェーンが役立つ場面とは?4つの活用事例

ブロックチェーンが役立つ場面とは?4つの活用事例

ブロックチェーンが役立っている活用事例には、以下の4つが挙げられます。

  • 行政システムをフルリモート化-エストニアの事例
  • 国際間の銀行取引を高速化
  • 食品の生産・流通過程を記録・管理
  • 学位をブロックチェーンで管理

 

これらの実際の活用事例を知って、自社にブロックチェーン技術を活用したどのようなサービスを検討すべきか考えてみましょう。

行政システムをフルリモート管理−エストニアの事例

ブロックチェーンの技術を、行政システムの効率化・一元管理に利用している国の例にエストニアが挙げられます。

旧ソ連国家の一角であるラトビアは、急速にIT技術やブロックチェーン技術を取り入れた作業の透明化・効率化が目まぐるしい国として有名です。

すでに行政手続きの99%がオンライン上で完結するような仕組み作りができており、ブロックチェーン技術を公的手続きで利用することで、行政システムの市民に対する透明性と個人情報のセキュリティ性を担保しています。

国際間の銀行取引を高速化

ブロックチェーンを国際決済や国際送金などの金融システムに活用したサービスも続々と生まれ始めています。

国際送金に数日間かかっていた所を、わずか数秒間で送金を成功させるようなサービスも登場し、今後の国際決済・送金の利便性向上に期待です。

具体的には、IBM Blockchain World Wireでは、デジタル資産の国際送金取引を中継銀行を介さずに直接送金することで、数秒間での送金を可能にしています。

このように、金融市場における決済システムの効率化・公平性を担保した、ブロックチェーンを活用したサービスが、今後さらに生まれていくと予測されているのです。

出典:IBM Blockchain World Wire

食品の生産・流通過程を記録・管理

ブロックチェーン技術を活用したサービスの中でニーズが増えていくと予測されているのが、フードトレーサビリティです。

食品の生産・流通・販売プロセスにおける情報をブロックチェーンで管理することで、問題が起きた際の迅速な原因究明、改善点の発見に役立てられます。

アメリカの大手スーパーである「ウォルマート」も、食品の生産・加工・流通プロセスを追跡して、食品の安全性を担保するためにブロックチェーンを導入する予定です。

スーパーで販売している商品の生産・流通経路が一目でわかったり、飲食店が仕入れた食品の安全性を確認するための認証制度を導入したりなど、ブロックチェーンの技術が幅広く利用されることに注目が集まっています。

学位をブロックチェーンで管理

ブロックチェーン技術を学位証明に活用する事例もあります。

学歴や職歴など、企業が社員を採用する際に、社員の素性を隅々まで確認することは難しいです。

国によっては学歴詐称や職歴詐称が横行している国もあります。

また、日本においても経歴を偽っている人を正確に見極めるのは困難でしょう。

しかし、ブロックチェーンで学歴証明をすることで、どの教育機関を卒業して、どの学位を持っているかが明確にわかります。

これからの就職・転職活動では、出身大学や経歴について、ブロックチェーンで記録・管理された情報を活用することになるかもしれません。

他にもブロックチェーンでできることの具体例をまとめた記事があるので参考にしてください。

【関連記事】ブロックチェーンが実現できる5つのこと|具体例や将来について解説

ブロックチェーンなどITに関する総合サポートならアイクラフト

ブロックチェーンなどITに関する総合サポートならアイクラフト

ブロックチェーン技術を含めたIT関連の悩みを相談するなら、アイクラフトのITサポートサービスを利用するのがおすすめ。

同サービスをおすすめする理由は以下の3点です。

  • ITに関する悩みを迅速に解決する
  • 社内のDX化をサポート
  • 企業のサービス継続率は90%超え

 

それぞれの特徴やメリットを知って、ITに関する悩みやトラブルを解消するサポートサービスの利用を検討してみてください。

2022年11月には「078KOBE」では神戸珈琲とコラボして、ブロックチェーン技術NFTでコーヒーを買う体験会を実施しております。

プレスリリースはこちら

ITに関する悩みを迅速に解決する

iSTAFFの特徴は、ブロックチェーンの導入や問題点の解決を含めた、IT関連の全般的なお悩みをいつでも相談できる体制が整っている点です。

電話一本ですぐに駆けつける安心感と、20年以上サービスを提供している中で培われた豊富な経験・ノウハウに対する信頼感も高いと評判です。

社内のDX化をサポート

サポート内容はパソコンの初期設定やパスワード設定などの初歩的なものから、ITシステムの保守や効率化に向けたアドバイスまで、多岐にわたります。

IT人材が少ない企業で1からIT人材を育成したり、経験豊富なIT人材を採用するのは難しいでしょう。

DX化が社会的に叫ばれる中、企業内システムのDX化の促進を総合サポートしてくれるアイクラフトのサービスは心強いと評判です。

弊社は経験豊富なエンジニアが揃っており、高い技術力を誇ります。

ブロックチェーン技術を活用したDX化についても適切な対応策や改善策を提案致します。

企業のサービス継続率は90%超え

アイクラフトのITサポートサービスの特徴は、何といっても信頼性の高いサービスです。

契約企業のサービス継続率は90%を超えており、どんなにサポートサービスを利用しても定額制の月額料金で何回でもITサポートを受けられます。

まるで社内のIT担当に作業を依頼しているような使い心地だと高い評判を得ています。

まとめ

ブロックチェーンを一言で解説のまとめ

この記事では、ブロックチェーンの概要について一言で説明しました。

また、ブロックチェーン技術を企業で活用した場合に変わることや実際の活用例、ITサポートを依頼するのにおすすめのサービス「アイクラフト」についても理解できたと思います。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」によって、登録したあらゆる情報を世界中のネットワークで同期し、データの改ざんを防ぎ、セキュリティ性の高さが求められる行政・金融・教育などの幅広い分野で、あらゆる企業のDX化に貢献しています。

具体的なブロックチェーン技術の導入例には以下のようなものがありました。

  • 行政システムのフルリモート化
  • 国際決済・送金システムの透明化・効率化
  • 食品の生産・加工・流通工程のモニタリング
  • 学位や経歴証明などの認証システム

 

ブロックチェーンの技術を最大限に活用することで、あらゆる業種・職種の煩雑な書類手続きや部署や、場所ごとに異なる手続きをする必要がなくなります。

ブロックチェーン技術を活用したシステム上で情報をデータ化して管理することで、より効率的・生産的な企業活動を営めるようになるでしょう。

ブロックチェーンをうまく活用するためには、ITサポートのスペシャリストにサポートをお願いするのもおすすめです。

アイクラフトのサービスを有効活用して、迅速かつ効果的にブロックチェーン技術を企業運営に導入してみてはいかがでしょうか?

 

 

アイクラフトへのお問い合わせはこちら