システム運用と保守の違いとは?具体的な業務内容や3つの導入例を紹介

お役立ち情報

2022.08.31

「企業のシステム運用・保守ってなんだろう」
「システム運用・保守が必要となるのはどんなケース?」

上記のような悩みはございませんか?

企業で業務管理システムなどを導入していて、ネットワーク管理やシステム管理、業務運用管理の効率化を考えている方は、システム運用の導入を検討した方がいいかもしれません。

この記事では、システム運用と保守の違い、システム運用・保守の業務について解説していきます。

加えて、システム運用・保守サービスを検討すべき事例や導入例について紹介します。

システム運用・保守について詳しく知って、企業のシステム運用の業務を効率化したいと考えている方は、参考にしてみてください。

システム運用とは?保守とは類似点が多い

システム運用とは

システム運用と聞いて何をイメージするでしょうか?

この章では、システム運用の定義と保守との違い、具体的な業務内容について紹介します。

システム運用・保守の具体的な定義と業務内容を知って、自社が必要としているシステム運用・保守について確認しましょう。

システム運用の具体的な定義

システム運用とは、導入されているシステムが問題なく稼働しているか、円滑に運用できているかを日々管理する運用業務のことを指します。

定期的なバックアップやサーバー運用、適切なアプリ・サービスの導入など、業務のためにシステムを利用すること全般を指します。

システム保守との違い

システム保守は、サーバーやアプリケーションソフトなどのあらゆるシステムの技術的な対応やトラブル防止のためのアプローチ全般が含まれます。

システムの監視と運用をするのか、技術的なサポートをするのかで違いはありますが、「社内システムの正常な運用を目指す」という意味では近い捉え方をされる場合もあります。

システム運用・保守の基本的な業務内容

システム運用とは「導入されているシステムが問題なく稼働しているか、円滑に運用できているかを日々管理する運用業務」のことをさし、システムの保守とは「トラブルの復旧や対策を施す技術的な業務」のことを指します。

システム運用は日々の監視や定められた手順書通りの業務になりますが、システム保守はシステムに何か異常があった際に適切に対応し、システムが問題なく稼働する状態を保持するいわばメンテナンスの業務にあたります。

システム保守の業務には、トラブル前後の技術的な知識やスキルが必要とされるケースも多いです。

そのため、情報セキュリティに精通した高度なIT人材が必要とされてます。

システム運用・保守の業務ともに、IT知識やスキルをもった人材が社内にいない場合には、外部委託をするのが低コストで即効性があっておすすめです。

【関連記事】運用と保守の業務の違いとは?情シス業務のリスクヘッジについて解説

システム運用の具体的な3つの種類

システム運用3つの種類

システム運用の導入を考える際には、どのようなタイプのシステム運用業務があるのかを知っておく必要があります。

  • ネットワーク管理
  • システム管理
  • 業務運用管理

システム運用の業務内容を詳しく知るためにも、それぞれの特徴についておさえておきましょう。

セキュリティ管理

ネットワーク管理は、システムのセキュリティ対策・運用を担当するシステム運用業務です。

外部・内部要因によるシステム障害や企業内の機密情報の漏洩を防ぎます。

企業内の顧客情報などの社外秘の機密情報を外部に漏洩してしまえば、企業の信用問題に関わります。

このような情報漏洩リスクを軽減するためにも、考慮しておくべき大切なシステム運用業務の1つです。

システムの監視

システム管理は、社内システムが正常に動作するように運用・監視する業務です。

サーバーシステムの関連機器や動作状況を確認して、不具合の予兆があれば即座に対応して、トラブルを未然に防ぐのが主な業務内容だといえます。

業務運用管理

業務運用管理は、システムバックアップや仕事のスケジュール管理、システムを使用するユーザー情報の登録管理など、システムの円滑な運用をサポートする業務です。

企業内のシステムを有効活用した仕事環境を整備して、生産効率をアップさせていくのに欠かせない、システム運用業務だといえます。

システム運用・保守のサービス導入を検討すべきケース

システム運用を導入するケース

システム運用・保守の業務を自社ですべて賄っているという場合、とくに以下のような業務には、システム運用・保守サービスの利用を検討すべきでしょう。

  • 自動化できる業務を手作業で行っている
  • システム運用を担える人材が育っていない

外注して生産性がアップする業務に関しては、積極的にシステム運用・保守のサービスを依頼することを検討してみてはいかがでしょうか?

自動化できる業務を手作業で行っている

システム運用・保守の業務の中でも、勤怠管理やデータ更新などの業務は、外部システムやサービスを活用して自動化するのがおすすめです。

システム運用・保守ができる貴重なIT人材に、自動化できるような業務を振り分けてしまうと、その他の重要なシステム管理業務にリソースが割けなくなってしまいます。

システム運用・業務の中で自動化できる単純業務は、外部システムやサービスを活用することで、企業全体の生産性をアップさせるのがおすすめです。

システム運用を担える人材が育っていない

システム運用・保守の業務を外部システムやサービスに依頼すべきなのは、充分なスキルをもったIT人材が自社に少ない、もしくは人材がいない場合です。

システム運用・保守の経験がある人材を採用したり、十分なスキルを習得させるまで養成するためには、どうしても時間がかかってしまいます。

そんな企業には、システム運用・保守サービスの利用がおすすめです。

システム運用から保守業務まで、幅広く担当してくれる企業のサービスがいいでしょう。

次の章から「iSTAFF」のサービスと事例について紹介します。

iSTAFFのシステム運用サービスの紹介

アイクラフトのサービス紹介

iSTAFFでは、ITに特化したフィールドサービスを展開しています。

フィールドサービスとは?
現場に人が出向いて修理や点検などを行うサービス全般の事を指します。
一般的には水道工事や電気設備の点検、ガスの工事などが挙げられますが、ウーバーイーツのような配送や、パソコン、プリンターの整備もフィールドサービスに含まれます。

IT回りの困りごとが発生したときに、電話一本でIT技術者が駆けつけ、PCの各種設定やシステムの運用などをサポートします。

(エリアについてはお問い合わせください)

IT担当者が突然退職してしまったケースや、ひとり情シスの対策として活用されているサービスです。

ヘルプデスクのようなチャットや電話だけではなかなか解決しない場合や、突然の障害発生で急いでいる場合に備えておくと安心です。

「iSTAFF」の詳細はこちら

 

iSTAFFの導入事例-寺下石油株式会社

寺下石油株式会社は、システム運用・保守を担当していたベテランのIT人材の退職をきっかけに、iSTAFFの利用を開始しました。

企業のシステムを分析することで、問題点を明らかにして、より社員にとって使いやすいシステム構築のサポートを受けられたといいます。

自社にシステム運用・保守の業務を担当できる人材が不足していたり、急な技術者の辞職で、早急なシステム運用・保守を依頼したいと考えている企業におすすめです。

システム運用・保守が必要かどうか判断して、自社が求めているシステムやサービスを選ぼう!

システム運用と保守の定義や具体的な業務内容、システム運用・保守のシステムのタイプ、実際に保守サービスを利用している会社の事例を紹介しました。

システム運用・保守の業務は企業運営には必須の要素ですが、全て自社で完結させるのが難しいケースも多くあります。

そんな場合に、システム運用・保守の業務を任せるなら、iSTAFFのようなシステム運用・保守のサービスに外部委託するのも一つの手です。

どのようなシステムやサービスが自社のシステム運用・保守業務に適切なのかを考えて、失敗しない選択をしていきましょう。